アマモサミット大会プログラム

「全国アマモサミット2018 in 阪南」は11月2日(金曜日)、11月3日(土曜日・祝日)、4日(日曜日)の三日間開催されます。

11月2日(金):ジョイントシンポジウム

【会場】阪南市立文化センター(サラダホール)小ホール(参加費無料)

※ジョイントシンポジウムは、事前申込みが必要です。

9:00-17:30

第35回沿岸域環境関連学会連絡協議会ジョイント・シンポジウム「大阪湾における藻場再生の意義と可能性」
藻場の重要性や発展性、大阪湾での藻場再生のあり方について、産官学がどの様に連携していくべきか、地域へどの様に還元していくべきかを、産官学それぞれの取組みをもとにディスカッションします。

11月3日(土・祝):全国アマモサミット

【会場】阪南市立文化センター(サラダホール)大ホール(参加費無料)

9:20~

オープニングセレモニー
東鳥取小学校

9:30~

開会式
開会宣言 全国アマモサミット2018in阪南実行委員長
大会長あいさつ 阪南市長
来賓祝辞 大阪府/国土交通省近畿地方整備局

9:50~

基調講演
「アマモって?(アマモの大切さ)」 NPO法人海辺つくり研究会

10:30~

“はんなんの森里川海”〔きづこら〕
「海の恵みと営み」 尾崎漁業協同組合/西鳥取漁業協同組合/下荘漁業協同組合
「森里川海の生きもの」 泉鳥取高等学校
「大阪湾のアマモ・アマモ場」 NPO法人大阪湾沿岸域環境創造研究センター・貝塚市自然遊学館
「森から海つながる水」 和泉の水を育む会
「はんなんのものづくり・産業」 阪南市商工会

~ 休憩 ~

13:00~

ウェルカムプレゼント
「子どもたちからの阪南の魅力紹介」 阪南市の小・中学校の児童・生徒たち

14:15~

“はんなんの森里川海”〔うごこら〕
「波有手のアマモ場再生」 西鳥取小学校・関西大学北陽高等学校
「アマモ場づくりをはじめて」 舞小学校/下荘小学校
「生き物マップづくり」 はんなん生き物マップづくりチーム
「セブンの海の森活動」 (一財)セブン-イレブン記念財団
「アマモ場再生活動」 NPO法人アマモ種子バンク

15:40~

パネルディスカッション“はんなんの森里川海”〔つなごら〕~5つのヒント・50,000の約束~
・コーディネーター NPO法人海辺つくり研究会
・ジョイント・シンポジウムの報告 大阪府立大学
・アマモサミットその後 横浜/塩竃/八代/備前/志摩
・地元から・子どもたちから 〔これまでの登壇者〕

17:30~

終了

11月3日:歓迎レセプション~生産地と消費地をつなぐ~

【会場】阪南市地域交流館講堂

※歓迎レセプションには事前申込みが必要です。

18:20~

歓迎レセプション~生産地と消費地をつなぐ~
参加費:5,000円
歓迎レセプションは、必ず事前にお申し込みフォームよりお申し込み下さい。
定員は100名先着順となります。当日の参加申し込みはお受けいたしかねますので予めご了承ください。
参加お申込みはこちらから>>>

11月4日(日):全国アマモサミット

【会場】阪南市立文化センター(サラダホール)大ホール(参加費無料)

9:00~

海辺の自然再生・高校生サミット「全国のアマモを中心とした海に関する高校生の研究発表・意見交換」
【主催】 NPO法人海辺つくり研究会 / NPO法人共存の森ネットワーク 【協賛】 (一財)セブン-イレブン記念財団 / マルハニチロ(株)
山形県立加茂水産高等学校/富山県立滑川高等学校/福井県立若狭高等学校/神奈川県立海洋高等学校/京都府立海洋高等学校/三重高等学校/兵庫県立西宮今津高等学校/岡山県立備前緑陽高等学校/岡山学芸館高等学校/柳井学園高等学校/福岡県立伝習館高等学校/熊本県立芦北高等学校

12:15~

閉会式
大会宣言 実行委員長 他関係者
次期開催地あいさつ 宮城県塩竃市(予定)
大会旗引継ぎ 大会長・実行委員長/次期開催地
閉会宣言 実行委員長

12:40~

閉会
※プログラムは、都合により変更される場合があります。

ジョイント・イベント

【会場】阪南市役所周辺

9:30~15:00

はんなん産業フェア<秋の陣>

pagetop