はんなんのうみ

scroll down

11/2(FRI).3(SAT).4(SUN)

全国アマモサミット2018
in 阪南


ここにある魚庭(なにわ)の海 きづこら・うごこら・つなごら

~5つのヒント・50,000の約束~

大会宣言

全国アマモサミット2018 in 阪南 実行委員会
実行委員長 奥野 英俊(阪南市商工会会長)

ここ、大阪・阪南には、人々の暮らしのすぐそば・程よい近さに森里川海があります。
そして人々は、これらの豊かさや恵みを日々感じながら、暮らしています。
それは例えば、古くは土佐日記に詠われているように、また、今も市の歌や校歌にも、森里川海が歌われていることにみることができます。そこには、はだしで行ける浜があり、おいしい魚や多様な生き物がいます。阪南の地先には豊かなアマモ場が広がっています。研究者は、そこに守るべき多様性と可能性そして価値を見出しています。
また、男里川・山中川など川の上流・中流・河口干潟には多様な生き物が棲んでいます。和泉山脈の伏流水が海岸近くに湧き出る清水大師、せんなん里海公園なども、森里川海のつながり、また、森里川海と人とのつながりを感じることができるものです。

大阪湾の環境は改変され、自然が失われてきました。ここ阪南にある豊かさや恵みは、あたりまえにあるのではなく、自然と共に営みを紡いできた人々が様々な活動を通じ、守り、育ててきたものです。
それは例えば、大阪府下唯一の、のり加工業などの漁業や水産加工業、また、この地の成り立ちである14村をルーツとする、ものづくりへの心を尊重し、技を継承する、「阪南ブランド14匠」などに、その姿をみつけることができます。
子どもたち若者たちは、アマモや海の環境を守るための5つのヒントを考えました。自分たちが行動することの面白さや責任を感じ、大切なことを伝えていきたいと思っています。
環境を守り、伝統を引き継ぎ、地域の振興を図るために、今、皆が動き出さなければなりません。

私たちは、この大会を通じ、様々な人々の話を聴き、感じることができました。

私たちは、私たちに何ができるか、どうすればいいか。それを考え、話しました。 今あるものを守ること、今の動きを育てること、新しくつくること。それらは一朝一夕にできることではなく、課題ややるべきことは五万とあります。
それでも、私たちには、5つのヒントがあります。私たちには、50,000の家族がいます。そして、それを応援し、支えてくださる全国の仲間がいます。
私たちは、平成時代有終の秋、ここ、阪南の地での“全国アマモサミット2018 in 阪南”の開催を契機として、

1.一人ひとりは、この地の豊かさや恵みの‘守り隊’である自覚を持って、一人ひとりが、 ‘きづこら・うごこら・つなごら’を合言葉に、この地の豊かさや恵みを伝える・広めていく
1.子どもたちは、みんなで阪南の森里川海で遊び、支えてくれる地域の人々や友達・先輩・後輩が共に体験・経験したことからさらに学びを深め、大人になっても忘れず、できることを実行していく
1.地域で暮らし、働く全ての大人たちは、子どもたちが体験・経験できるように、その手助けを続けていく
1.漁業者は営みの主体者として、おいしい魚介を漁(すなど)り、ノリ・ワカメ・コンブなどを育て、海の幸を食べる文化を支えていく
1.産業界はこの地のブランド力を高める者として、それぞれの活動を発展させ、伝統の技術を次の世代に継承していく
1.研究者は、アマモ場の再生を進める研究とともに、それとカキの養殖を両立させる手法など、環境保全と地域振興を共存させる道筋について検討を進めていく
1.行政は、様々な人々がみんなで動けるように、下支えや仕組みづくりを考え、これからも森里川海をまちづくりの根幹としていくことを、約束しました。

この地をまた皆さんに訪れていただいたとき、「あのときの約束は、こういうことだったんだな。」と皆さんに感じていただけるよう、わたしたちは、‘きづき’を忘れず、‘うごく’を育て、‘つなぐ’をつくっていきます。

平成30(2018)年11月4日
全国アマモサミット2018in阪南 参加者一同
全国アマモサミット2018in阪南 実行委員会一同
大阪・阪南の地にて

NEWS & TOPICS

お知らせ

『阪南の海のアマモを守る!』ガバメントクラウドファンディングのお知らせ

  『全国アマモサミット2018in阪南』に、多くのみなさんのご来場、ありがとうございます。   阪南市では、これからもこの豊かな海を守り育てていくことに、多くの方々の参画(応援)をいただくため、ガバメントクラウドファンディング(GCF)を行っています。   『阪南の海のアマモを守る!』GCFウェブ...続きを読む >>

全ての記事を見る

全国アマモサミット2018

全国アマモサミット2018イメージ

開催は、阪南のアマモ・海、大阪湾に携わる人々や各種団体、全国の海に関わる人々など、NPO・産・学・官の多様な組織で構成する決定機関となる「実行委員会」により行います。 また、アマモサミットの趣旨に賛同される個人・団体・企業などから、広く後援・協力・協賛を募ることとしています。 大会は、毎年秋、阪南市役所周辺で開催される、はんなん産業フェアとの同日開催により、アマモサミットに参画いただく方々や市民・来場者のみなさんに、里海だけでなく、阪南の魅力を広くアピールするため、平成30(2018)年11月2日(金)・3日(土・祝)・4日(日)、阪南市立サラダホールでの開催します。

また、この「全国アマモサミット2018 in 阪南」は、2018年度「積水ハウスマッチングプログラム」助成 ・ 大阪府環境保全活動補助金 ・ 大阪府漁業振興基金、これらの助成を受けて実施しております。

私たちは「全国アマモサミット2018 in 阪南」に協賛しています。

  • 一般財団法人セブン-イレブン記念財団
  • 日本ミクニヤ株式会社
  • 関西エアポート株式会社
  • 南海電気鉄道株式会社
  • 株式会社総合水研究所
  • 株式会社田中
  • 株式会社ジェイコムウエストりんくう局
  • いであ株式会社大阪支社
  • イズフク工業株式会社
  • 東洋建設株式会社大阪本店
  • 水島合金鉄株式会社
  • 株式会社日本港湾コンサルタント
  • 五洋建設株式会社大阪本店
  • 日新製鋼株式会社
  • プロロジス
  • 鴻池運輸株式会社
  • 協賛募集中です
  • 協賛募集中です
  • 協賛募集中です
  • 協賛募集中です

この「全国アマモサミット2018 in 阪南」は、2018年度「積水ハウスマッチングプログラム」助成 、大阪府環境保全活動補助金、
大阪府漁業振興基金、これらの一部助成を受けて実施しております。
また、この「全国アマモサミット2018 in 阪南」は、JST-RISTEX「持続可能な多世代共創社会のデザイン」
研究開発領域の研究成果の一部です。

pagetop