はんなんのうみ

scroll down

11/2(FRI).3(SAT).4(SUN)

全国アマモサミット2018
in 阪南


ここにある魚庭(なにわ)の海 きづこら・うごこら・つなごら

~5つのヒント・50,000の約束~

会場:阪南市サラダホール

全国アマモサミットとは、「アマモ」や「アマモ場」を象徴的なキーワードとして、海の自然再生・保全を目指している大会です。 平成20(2008)年の横浜大会以来、全国各地の沿岸域が抱える環境問題をテーマに、毎年地域の事例発表や意見交換の場として、全国各地で開催され、平成29(2017)年は三重県志摩市で開催されました。 第11回となる開催地「阪南」。 ここには、大阪都市圏というロケーションの中で、人々の暮らしのすぐそば・程よい近さに森・里・川・海があり、人々はこれらの豊かさや恵みを日々感じながら、暮らしています。 この豊かさや恵みは、あたりまえにあるのではなく、ここに住む人々や活動する人々が、守り、育ててきたものです。 私たちは、この大会を通じ、これまで、守り・育ててきた、豊かさや恵みへの〔きづき〕、今、行われていることをわかり〔うごく〕、そして、全国各地の取組みや、シンポジウムの成果を、聞き、受けて、これからも、豊かさや恵みを、守り・育てていく・様々な人々や世代のあいだを〔つなぐ〕 そのために、このサミットに参画する皆さんで、「それぞれができること」「みんなでつくっていくこと」それを「皆さんで話し合い、決めていく」 そのような大会を目指します。

全国アマモサミット2018 in 阪南 実行委員会
実行委員長 奥野 英俊(阪南市商工会会長)

NEWS & TOPICS

全ての記事を見る

全国アマモサミット2018

全国アマモサミット2018イメージ

開催は、阪南のアマモ・海、大阪湾に携わる人々や各種団体、全国の海に関わる人々など、NPO・産・学・官の多様な組織で構成する決定機関となる「実行委員会」により行います。 また、アマモサミットの趣旨に賛同される個人・団体・企業などから、広く後援・協力・協賛を募ることとしています。 大会は、毎年秋、阪南市役所周辺で開催される、はんなん産業フェアとの同日開催により、アマモサミットに参画いただく方々や市民・来場者のみなさんに、里海だけでなく、阪南の魅力を広くアピールするため、平成30(2018)年11月2日(金)・3日(土・祝)・4日(日)、阪南市立サラダホールでの開催します。

また、この「全国アマモサミット2018 in 阪南」は、2018年度「積水ハウスマッチングプログラム」助成 ・ 大阪府環境保全活動補助金 ・ 大阪府漁業振興基金、これらの助成を受けて実施しております。

私たちは「全国アマモサミット2018 in 阪南」に協賛しています。

  • 一般財団法人セブン-イレブン記念財団
  • 日本ミクニヤ株式会社
  • 株式会社総合水研究所
  • 株式会社田中
  • 株式会社ジェイコムウエストりんくう局
  • いであ株式会社大阪支社
  • イズフク工業株式会社
  • 東洋建設株式会社大阪本店
  • 水島合金鉄株式会社
  • 株式会社日本港湾コンサルタント
  • 五洋建設株式会社大阪本店
  • 日新製鋼株式会社
  • プロロジス
  • 鴻池運輸株式会社
  • 協賛募集中です
  • 協賛募集中です
  • 協賛募集中です

この「全国アマモサミット2018 in 阪南」は、2018年度「積水ハウスマッチングプログラム」助成 、大阪府環境保全活動補助金、
大阪府漁業振興基金、これらの一部助成を受けて実施しております。
また、この「全国アマモサミット2018 in 阪南」は、JST-RISTEX「持続可能な多世代共創社会のデザイン」
研究開発領域の研究成果の一部です。

pagetop